itemanblr.

RSS
経営管理とMI | フュージョンズ
ERPの主たる対象範囲である「取引処理」領域と同程度の重要な役割を担い、かつ、それとは性格を異にする独自の「業務」が存在するのが「経営管理」領域である。フュージョンズはそう考えています。 この領域の業務の支援には、BI(ビジネスインテリジェンス)などのポイントソリューションでは不十分であり、この領域の独特のニーズを踏まえた統合システムが必要であると考え、私たちはそれを、MI(マネジメントインテリジェンス)と名付けました。

経営管理とMI | フュージョンズ

ERPの主たる対象範囲である「取引処理」領域と同程度の重要な役割を担い、かつ、それとは性格を異にする独自の「業務」が存在するのが「経営管理」領域である。フュージョンズはそう考えています。
この領域の業務の支援には、BI(ビジネスインテリジェンス)などのポイントソリューションでは不十分であり、この領域の独特のニーズを踏まえた統合システムが必要であると考え、私たちはそれを、MI(マネジメントインテリジェンス)と名付けました。

唐突だけれども、僕はユビキタス言語はAPIだと思った。APIリファレンスみたいな。 モデルはパッケージみたいな感覚で、ユビキタス言語はそのパッケージを表すAPI。 誰もが共通認識を持てる。同じ言葉で話が出来る。 ユビキタス言語の変更はモデルの変更を意味するみたいなところも妙に納得の行く感じで。 こう考えると、ユビキタス言語の導き方も割りとエンジニアリングに近い感覚で行えるような。

- 第四回ドメイン駆動設計読書会@大阪に参加した - hatajoeのブログ

Ubuntu 14.04 の文字が欠けるバグを何とかしてみた - Sickly Life はてな版

ポリモーフィズムは、語源的にみれば、文字通り「多数の形態」(many forms)のことである。「モノ」にさまざまな形態があるのであれば、そのこと自身が何らかの共通性があり、形態の可変性によってそれが規定されたり判断されたりすることを示唆している。つまり、共通性はポリモーフィズムが意味を持つようなフレームワークの基盤になり、可変性がそのポリモーフィズム自体を特徴づけることになる。

例えば、図形を描くグラフィックパッケージの中でポリモーフィズムを用いるとしたら、その場合の可変性は図形ごとの描画アルゴリズムとそのデータ構造になる。しかし、すべての図形に共通する「モノ」がある。データ構造にはすべての図形に共通する点があり(位置、境界、境界内の色など)、振る舞いにも共通点が見られる(移動、再描画、作成、削除ができるなど)。そこにあるものを図形だと認識させるものが共通性である。そして、図形の種類を認識させるものが可変性になる。ポリモーフィズムは、共通性と可変性のこのバランスの上に成り立つ。そしてここから、ファミリ全体を特徴づけるような、1個の抽象(抽象基底クラス)が定義されることになる。

- 新装版 マルチパラダイムデザイン p.26 第1章 序論:マルチパラダイムが必要とされる背景 1.3 設計、分析、ドメイン、ファミリ:用語定義 1.8.3 ポリモーフィズム

Elastic Load Balancing を利用すると、インターネットから VPC へのエントリポイントを作成することや、VPC 内の各アプリケーション層への負荷分散が容易になります。ELB にセキュリティグループを割り当て、許可されているソースのリストに対してどのポートを開けるかをコントロールすることができます。Elastic Load Balancing が VPC に接続されているため、既存のネットワークアクセスコントロールリスト(ACL)およびルーティングテーブルのすべてが、追加のネットワークコントロールを継続して提供します。

ロードバランサーを VPC 内に作成するときは、そのロードバランサーがインターネットに接するか(デフォルト)、内部的なものかを指定できます。「内部的」を選択した場合は、そのロードバランサーに到達するためのインターネットゲートウェイは不要であり、ロードバランサーのプライベート IP アドレスがロードバランサーの DNS レコード内で使用されます。

- Elastic Load Balancing(クラウドネットワークのロードバランサー) | アマゾン ウェブ サービス(AWS 日本語)

高機能なLinuxベースのソフトウェアルーター「Vyatta」を使う - さくらのナレッジ

(RTX810構築シリーズ 2/7) Yamaha RTX810 でAmazon VPC と Hardware VPN を構築してみよう - tech.guitarrapc.cóm

NATされたVyattaからAmazon VPCに接続する方法 | Check!Site

Q: Amazon VPC の開始方法はどのようなものですか?

お客様の AWS リソースはすぐに利用できるデフォルトの VPC 内へ自動的にプロビジョニングされます。追加の VPC を作成するには、AWS マネジメントコンソールの Amazon VPC ページで [Start VPC Wizard] ボタンをクリックします。

そうすると、ネットワークアーキテクチャの4つの基本オプションが表示されます。オプションを選択したら、VPC とそのサブネットのサイズと IP アドレスの範囲を変更することができます。ハードウェア VPN アクセスのオプションを選択した場合は、ネットワーク上の VPN ハードウェアの IP アドレスを指定する必要があります。VPC が作成された後なら、いつでも VPC を変更して、サブネットを追加したり、ゲートウェイを追加および削除したりすることができます。

以下がその4つのオプションです:

  1. 1 つのパブリックサブネットのみを持つ VPC
  2. パブリックとプライベート サブネットを持つ VPC
  3. パブリックとプライベート サブネットおよびハードウェア VPN アクセスを持つ VPC
  4. 1つのプライベート サブネットのみ、およびハードウェア VPN アクセスを持つ VPC

- よくある質問 - Amazon VPC (仮想プライベートクラウド Amazon Virtual Private Cloud )| アマゾン ウェブ サービス(AWS 日本語)

Q: Amazon VPC のコンポーネントはどんなものですか?

Amazon VPC は、すでにご自身でネットワークを管理されているお客様にとって理解しやすいオブジェクト群で構成されています。

  • Virtual Private Cloud(VPC): AWS クラウド内の、論理的に分離した仮想ネットワーク。VPC の IP アドレス範囲を好きなように定義できます。
  • サブネット: VPC の IP アドレス範囲内で、分離したリソースグループを格納する場所を指定するさらに分割された IP アドレス範囲です。
  • インターネットゲートウェイ: Amazon VPC とパブリック インターネットを接続するためのゲートウェイです。
  • NAT インスタンス: ElasticIP を持たないインスタンスから、インターネットゲートウェイ経由でインターネットにアクセスできるようポートアドレス変換(Port Address Translation)を提供する EC2 インスタンスです。
  • ハードウェア VPN 接続: Amazon VPC とデータセンター、ホームネットワーク、またはコロケーション施設をつなぐハードウェアベースの VPN 接続です。
  • 仮想プライベートゲートウェイ: VPN 接続の Amazon VPC 側です。
  • カスタマーゲートウェイ: VPN 接続のお客様側です。
  • ルーター: ルーターは、サブネットを相互接続し、インターネットゲートウェイ、仮想プライベートゲートウェイ、NAT インスタンス、サブネットの間のトラフィックを正しい宛先に送ります。
  • ピアリング接続: ピアリング接続を使用すると、2 つのピア VPC 間のトラフィックをプライベート IP アドレス経由でルーティングできます。

- よくある質問 - Amazon VPC (仮想プライベートクラウド Amazon Virtual Private Cloud )| アマゾン ウェブ サービス(AWS 日本語)