EcoreTools 2.0 - The Luna Revival

クルーグマンのNGDP目標に関するコメントについて by Scott Sumner – 道草

サムナーブログから、“Krugman on NGDP targeting”(7. June 2012)。引用されているクルーグマン部分は、本サイトのOptical_frogさんの翻訳をまるっと写しました。

"Evansのこのような考え方は実装により近いのではないかということを私は考えており、Coplienはもっと上流(別の言い方ではユーザーより)から考えているように私は感じています。これはどのような視点でシステムを見ているかによるものです。そして、もっと重要だと私が考えるのは、システムにおける共通性と可変性を識別し(ドメイン工学のFODAなど)、可変性をどのように実現していくかということです。それが、DCIアーキテクチャや再定義されつつあるDDDの前提になっていると私には思えます。"

T6-501多言語パラダイムによる実装手法に関するフォローアップ - 荒井省三のBlog - Site Home - MSDN Blogs

「大規模集積回路モデル」と「板チョコモデル」: 設計者の発言

大量のテーブルとそれらの関連がびっしり置かれたデータモデルを私は「大規模集積回路モデル」と呼んでいる。大判の用紙で印刷しても文字が小さいうえに、関連を追う気が失せるくらいに関連線が込み入っていたりする。

"将来のことを考えていると憂鬱になったので、そんなことはやめてマーマレードを作ることにした。
オレンジを刻んだり、床を磨いたりするうちに、気分が明るくなっていくのには全くびっくりする。"

D・H・ローレンス
苦悩について (via dix-neuf, coyu) (via usaginobike) (via aono75) (via daydripper) (via reistorm) (via suzukichiyo) (via karlmcbee) (via konishiroku) (via ssbt) (via zlas) (via stratums) (via soramugi) (via yasunao-over100notes) 2011-05-23 (via gkojax-text) (via green-mf) (via misoka) (via kyoheiokada) (via eoma) (via usaginobike) (via iro) (via g2slp) (via dannnao) (via hazy-moon) (via jacony) (via medico) (via takaakik) (via slowleaner) (via yotta1000) (via konishiroku) (via overtechnology) (via sunsyun) (via 3io5) (via valentine1985) (via yaek) (via 0058g) (via nonocottie) (via waruico) (via karikokari) (via kusuriguma) (via fukuku3) (via nnhkrhsr) (via itumadekana) (via chacha-shiba) (via kita19450815) (via imai78)

"

「モデル」の定義

「”モデル”とは、ある人間にとっての、ある状況、あるいは状況についての概念(idea)の明示的な解釈(explicit interpretation)である。モデルは、数式、記号、あるいは言葉で表すことができるが、本質的には、実体、プロセス、属性、およびそれらの関係についての記述(description)である。モデルは規範的、記述的のどちらでもありうるが、何よりも役立つものでなければならない」
これはかなり広義の定義である。しかし、本書がモデル化の対象として扱う状況、つまりマネジメントの複雑性を考慮すると、このような定義が必要である。ある状況の解釈とか、とらえ方という観点から行った定義であるため、状況”それ自体の(of)”モデルを構築するのではなく、その状況に”関連する(relevant)”と考えられる何かしらをモデル化することを指している。この定義の最後の部分で「役に立つ」と言ったのは、前述した注意点、つまりモデル化は分析プロセスの一部にすぎず、分析の最終目標ではないことを強調するために入れた。

"

Brian Wilson著『システム仕様の分析学 ソフトシステム方法論』共立出版株式会社 1996年
第1章 モデルとモデル構築 1.1 はじめに p.14 (via hidenorigoto)

DevLOVE関西(No.62) 知っておいて損はないエンタープライズiOS導入のいろは