Webhooks | GitHub API

Every GitHub repository has the option to communicate with a web server whenever the repository is pushed to. These “webhooks” can be used to update an external issue tracker, trigger CI builds, update a backup mirror, or even deploy to your production server.

Each hook can be configured for a specific service and one or more events, regardless of the API used to do so. Repository admins can configure hooks programmatically via the API.

Managing deploy keys | GitHub API

There are four ways to manage SSH keys on your servers when automating deployment scripts:

  • SSH agent forwarding
  • HTTPS with OAuth tokens
  • Deploy keys
  • Machine users

This guide will help you decide what strategy is best for you.

Amazon CloudWatch の概念 - Amazon CloudWatch

Amazon Linuxにおけるシステム時計とNTP | Developers.IO

"私の理解では、生成文法と認知言語学の対立というのは、単に文法の構成法の問題ではなく、やはり言語能力の生得性をめぐっていると思う。だからこそ、両者は脳科学や発達心理学、進化論などにまで戦場を広げつつ、未だに議論を続けているのではないか?"

Amazon.co.jp: 言語学の教室 哲学者と学ぶ認知言語学 (中公新書)の モワノンプリュさんのレビュー

エンジニアのための記号論入門:目次

<著者より> 記号論は、表現とその意味の関係を探求する人文科学の一部門ですが、エンジニア特に情報工学(ウエブ開発、システム開発、人工知能、ソフトウエア開発とくにオブジェクト指向関連ソフト他)やシステム工学(システム計画・開発、制御システム)に携わる人は、記号論を知っておけば必ず役立つと感じています。私は、2002年3月まで35年間、企業の研究所に勤務していたシステム工学が専門の技術者ですが、ウエブ上で、英国のウエールズ大学のダニエル・チャンドラー博士(Daniel Chandler)が書いたSemiotics for Beginnersに出会い、翻訳し『初心者のための記号論』としてインターネット上で公開しました。Semiotics for Beginnersは非常に良いテキストですが、翻訳しながら感じたことは、全くの初心者特にエンジニアにとっては、ハードルが高いだろうなということです。私は記号論はエンジニアにとっても有効な分析ツールになると信じていますので、エンジニアにとっての『初心者のための記号論』への入門書を書いてみることにしました。このテキストは、Semiotics for Beginners(初心者のための記号論)に出てくる色々な考え方を、工学的な視点から解説してみたいと思っています。

"フィーチャの一貫性をとり、かつ便利な形でまとめる発想は、標準仕様品(例えば、銀行で扱われている標準的な金融商品や、自動車メーカから提供される様々なモデル)を定め、顧客が広大なコンフィギュレーション空聞から使い勝手の良い製品をもっと簡単に選べるようにする発想に通じるものがあり、興味深いものです。"

ジェネレーティブプログラミング (IT Architects’Archive CLASSIC MODER)image p.149-150 第5章 ジェネレーティブプログラミングのプロセス 5.9 ドメイン設計

Linking containers together - Docker Documentation

Dockerfile - Docker Documentation